HOME  >  TOURING

TOURING

充実のクルージング装備がロングツーリングをより遠くへより快適に。

広大なアメリカで誕生したハーレーダビッドソンの歴史は、ツーリングファミリーの歴史であると言っても過言では無いでしょう。1909年に初めてのVツインエンジンのモデルが発売されてから100年を超える歴史があります。その間に数々のエンジンが誕生しました。フラットヘッド、ナックルヘッド、パンヘッド、ショベルヘッド、エボリューション、ツインカム、ミルウォーキーエイトと進化して、より快適に、より遠くへ走るための、数々の改良や装備の充実が図られてきました。 

現在のツーリングファミリーは、広大なアメリカ大陸を快適に旅するために必要な装備がすべて揃っています。大きなフェアリングやスクリーンを装備し、クロームメッキされた重厚でたくましさにあふれるエンジンガード類、沢山の荷物が詰めるようにサドルバッグツアーバッグを備え付けた、まさにフル装備のツーリングファミリーは、これぞハーレーダビッドソンといっても過言でないスタイルを有しています。

長距離走行に適したクルーズコントロールが装備され、オーディオの装備されたものもあり、また二人乗りであっても快適にクルージングすることができます。まさにツーリングの名に相応しい、たくさんの荷物を持って長時間長距離のツーリングをより快適に楽しむことができるファミリーです。

 
  • アーバン…市街地走行のしやすさ
  • ハイウェイ…高速道路での快適な走りやすさ
  • ワインディング…曲がりくねった山道の走行のしやすさ。(速く走れるという指標ではありません)
  • 荷物の積載性…(オプションパーツなどを付けない状態で)荷物の積載しやすさ。
  • フレンドリー…ハーレー初心者でも乗りやすい車両の指標

インプレッション

排気量が大きく、大きなトルクで重量級の車体を力いっぱい軽快に引っ張っていくのがツーリングファミリーです。形状で大きく3種類に分けられ、それぞれハンドリングが大きく異なります。ウルトラやストリートグライドのようにフェアリングがハンドルにマウントされているモデルは、ハンドリングがしっとりとしていて、高速走行では抜群の安定感を発揮します。ロードグライドは、フェアリングがフレームマウントされていて、タイトなコーナリングやワインディングロードで、軽快なハンドリングが体感できます。

もうひとつはロードキング、この伝統的なスタイルのツーリングモデルは、ハンドルまわりがシンプルで解放感があり、スムーズなハンドリングでUターンもしやすいことが特徴です。また各モデルは意外なほどバンク角が深く、ベテランのハーレーライダーであれば、ワインディングの走行もダイナやソフテイルより、軽快に走ることができます。オートバイとは思えないような高出力のアンプを装備したオーディオを聴きながら優雅に高速道路を走るのも良いし(装備しないモデルもある)、ご夫婦や親子で二人乗りしてハーレーダビッドソンを楽しむのに最も適しています。

ハーレーダビッドソンが走っているというオーラが一番あるのもツーリング、大切な人と荷物を満載で遠くに旅に出る、それがツーリングファミリーと言えるでしょう。

 

2018 ROAD KING®

2018 STREET GLIDE®SPECIAL

2018 ROAD GLIDE®

2018 ROAD KING® SPECIAL

2018 STREET GLIDE® SPECIAL

2018 ROAD GLIDE® SPECIAL

2018 ROAD GLIDE® ULTRA

2018 ULTRA LIMITED

2018 ULTRA LIMITED LOW

レンタル可能なTOURINGファミリーです。