HOME  >  SOFTAIL

SOFTAIL

ヴィンテージルックからファクトリーカスタムまで往年のハードテイルスタイル。

ソフテイルファミリーは、一見するとリアサスペンションがないようにみえる美しいフレームが特徴です。このリアが低く、タイヤをすっぽりと覆うリアフェンダー、地面により近い位置に座るどっしりとしたシートポジション、ソフテイルのスタイルはいかにも古き良きクルーザースタイルのバイクと言えるでしょう。ソフテイルが初めて登場したのは1984年、「ソフテイル」の語源は、「ソフトなテイル」という合成語です。今からおよそ50年以上前のモデルはリアサスペンションが付いておらず、当時はその硬い乗り心地を揶揄してハードテイルと言われていたようです。ハードテイル時代のすっきりとしたスタイルでありながら「ソフト」な乗り心地を現在の技術で再現したものです。

ソフテイルはざっくり2種類の系統に分けることができます。FL系と呼ばれる前輪の径が小さくワイドタイヤを装備したファットボーイ、ヘリテイジ、FX系と呼ばれるタイヤの径が大きくスリムなブレイクアウトのようなモデルです。ハリウッド映画で有名になったファットボーイ、ウイリーGが手掛けたソフテイルデュース、ユニークなパッセンジャーシートのロッカーCなど個性的なモデルが多く誕生したのもソフテイルの特徴でもあります。

クラシックな懐かしいスタイルから、個性の際立つユニークなルックスのモデルまで、乗ることが楽しくなるようなバイクが多いのがソフテイルファミリーの特徴です。

2018 LOW RIDER®

 
  • アーバン…市街地走行のしやすさ
  • ハイウェイ…高速道路での快適な走りやすさ
  • ワインディング…曲がりくねった山道の走行のしやすさ。(速く走れるという指標ではありません)
  • 荷物の積載性…(オプションパーツなどを付けない状態で)荷物の積載しやすさ。
  • フレンドリー…ハーレー初心者でも乗りやすい車両の指標

インプレッション

2017年以前と2018年以後のモデルでは車体の基本構造が大きく変化していて、その乗り味も異なる印象を受けます。2017年以前のソフテイルは車体下部にリアサスペンションがあり、どっしりとした安定感のある味付けでした。2018年モデルからは、シート下にサスペンションがありフレームの剛性や重量も軽量化されてよりスポーツ志向が強くなりました。ソフテイルはスポーツスターやダイナなどに比べて着座位置が低く、タイヤが路面に設置している感覚や加速のタイヤが車体を蹴り出す感覚を感じることができ、低重心のため実際の車体重量よりも軽く感じられます。

スリムやデラックスなど足付きが良いものも多く、ハーレー初心者でも比較的安心して乗れるモデルでもあります。ファットボーイやヘリテイジ、スリムといった前輪の直径が小さく太いものと、ブレイクアウトのように前輪が細く、直径が大きいものと、大きく2種類に分けることができます。

ヘリテイジクラシックのようにサドルバッグやウインドシールド、クルーズコントロールを装備するものもありツーリングモデルとなんら変わりなくロングライドを可能とするものもあり、目的に応じて好みのソフテイルを選択することができます。

 

2018 STREET BOB®

2018 LOW RIDER®

2018 FAT BOB®

2018 SOFTAIL SLIM®

2018 FAT BOY™

2018 DELUXE

2018 BREAKOUT®

2018 HERITAGE CLASSIC

レンタル可能なSOFTAILファミリーです。